当サイトについて

耳鳴り・難聴の症状、治療、予防法や改善方法まで、
耳鳴り・難聴の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
めまい、耳鳴り・難聴が治る「5つ」の要素とは?


めまい、耳鳴り・難聴を治すためには
「抑える」ではなく「治療する」為の要素が必要なんです。 続きを読む →

体質を変えて治す

耳鳴りの治し方

実は、耳鳴りは治すことができます。

一般的に、耳鳴りは治らないとされていますが、実は治すことができます。

しかし、「耳鳴りは治る」と言われても、にわかには信じられないでしょう。

分かります。疑う気持ちはごもっともです。


ほとんどのお医者さんが「耳鳴りは治らない」と言っているのですから、単なるマッサージ師の私が「耳鳴りは治る」と言っても、信じられないですよね。

私たちは耳鳴りのスペシャリストです

しかしながら、私は単なるマッサージ師ではありません。

耳鳴りを専門に治療しているマッサージ師なのです(ちなみに私の妻は耳鳴り専門のリフレクソロジストです)。

私たち夫婦が今まで治療してきた耳鳴りの患者さんは、3年間で300人を超えます。


そして私たちのまごころ治療院には、耳鳴りで困っている患者さんが全国から多数来院されます。

私たちは耳鳴りの本当の治し方を知っています

このように、私たちには実際に耳鳴りを治してきた経験が多数あり、耳鳴りの治し方を熟知しています。


私たちは耳鳴りの治療においては絶対の自信があります。

ですので、「耳鳴りは治るかもしれない」などという曖昧な言い方はせずに、はっきりと「耳鳴りは治る」と断言しています。


私たちには、断言するに足るノウハウがあります。

以下に、そのノウハウを紹介していますので、耳鳴りに困っている人はぜひお読み下さい。

必ず道が開けますよ。

耳鳴りで一番辛いのは?

「そんなのは耳鳴りに決まっているだろう」

と思う人も多いかもしれませんね。

それは間違いではありませんが、正解でもありません。


実は、耳鳴りで一番辛いのは、強い不安感なのです。

耳鳴りで苦しんでいる人の多くは、必ず強い不安感に苦しめられています。


不安感がものすごく強いために、耳鳴りの音が何倍にも強く感じられてしまうのです。

こうなってしまうと、以下のようなどうあがいても抜けられないドツボにはまってしまいます。

強い不安感

耳鳴りの音を何倍にも強く感じ取ってしまう

ますます不安感が強くなる

ますます耳鳴りの音も強くなる

最初に戻る

実際に体験されている方は分かるでしょうが、これは本当に辛いですよね。

まさに地獄のような苦しみです。

どうしたらドツボから抜け出せるか?

それは、自律神経をゆるめることです。

不安感は自律神経と深い関係があります。


ですので自律神経をゆるめれば、不安感もやわらぎます。

さらに自律神経がゆるめば、眠れるようにもなります。

こうなると先ほどのドツボから抜け出せて、以下のような上り調子になります。

自律神経がゆるむ

眠れるようになる

不安がやわらぐ

ますます自律神経がゆるむ

ますます深く眠れるようになる

ますます不安が和らぐ

最初に戻る

こうなれば、寝れば寝るほど楽になる良い循環に入ります。

耳鳴りは、必ず楽になっていきますよ。

自律神経はどうやってゆるめる?

自律神経をゆるめるには、どのようなものがあるでしょうか。

お勧めの順番に紹介したいと思います。

「耳鳴りの不安が和らぎ、眠れるようになる音源」を繰り返し聴く

私が知る限りでは、これが一番効果があります。

これはリラックスした状態でCDの音声を聴くという訓練法です。

特別に何かするということはありません。

ただ、ひたすら音声に身をゆだね、体の力を抜いていくだけです。


おそらく、このCDほど楽ちんな耳鳴り治療法はないでしょう。

なにせ、聴くだけで耳鳴りが楽になるのですから。


この音源は自律訓練法を耳鳴り用にアレンジしたものです。

ちなみに自律訓練法とは、自律神経の緊張をゆるめるトレーニング法のことです。

医療機関においては、自律神経失調症などの症状を治療するのに使われています。


ですので、ちまたにあるような耳当たりの良い音楽を集めただけのBGM集とは全く違います。

「耳鳴りの不安が和らぎ、眠れるようになる音源」の補足説明

どうでしょうか。音源がどのようなものかお分かり頂けたでしょうか。

試聴版は腕の脱力訓練だけでしたが、正式版では全身を順番に脱力させていきます。


リラックスするというのはなかなか難しいものですが、この音源のように細かい部位に分けて脱力していくと、リラックスしやすくなります。


ちなみにこの全身脱力訓練の後に、手足温感訓練、全身温感訓練、頭部浄化訓練が続きます。

訓練法がたくさんあって大変そうですが、手足温感訓練までできるようになれば、だいたいの人が眠れるようになって不安が和らいでいきます。


早い人は数日、遅い人でも3ヶ月続けていれば、たいていは良くなります。

アメリカの耳鳴りの人も、音源を聴いて楽になった!

耳鳴りのマニュアルを作る一年ほど前に、アメリカ在住の日系女性から、「耳鳴りで苦しんでいるので助けてほしい」というメールを頂いたことがあります。


この女性は不安感がとても強く、パニック状態に陥っていました。

不安のあまりいても立ってもいられないのでしょう、毎日のようにメールでやり取りをし、その文面からも辛い状態がひしひしと伝わってくるようでした。

私たちは色々とアドバイスしたのですが、それでもなかなか良くなりませんでした。


そこで、「耳鳴りの不安が和らぎ、眠れるようになる音源」の試作版を当時作っていましたので、それを送って聴いてもらうことにしました。


すると、今まで連日のように届いてきた彼女からのメールが、ぱったりこなくなったのです。

気になっていましたら、一週間後にとても嬉しいメールが届きました。


以下、彼女のメールから部分的に引用させてもらいます。

「音源は、ものすごく眠くなっていいです! 最後まで聞かなくても、途中で寝てしまいます。

最近の調子は、気持ちが前向きになってきて、不安感とかが取れてきたように思います。

昨日の夜は、10時少し前に寝て、3時間ぐらいで目が覚めてしまったのですが、先生の音源をかけたらまたすぐに寝てしまいまいました。

夢を見ていたので眠りは浅かったと思います。4時におきました」


この前までの彼女からのメールには、眠れないという言葉がひっきりなしに出ていました。

完全に眠れるようになってきているわけではないですが、眠れる方向に向かっているというのは素晴らしいですね。


ちなみに現在マニュアルに付属している音源は、この試作版よりも完成度は上になります。

必ずや、耳鳴りで苦しんでいる人たちのお役に立てると自負しております。

ストレッチポールで背中をゆるめる

自律神経が緊張してくると、背中と顎の筋肉も緊張して固くなります。

ですので、背中と顎を直接ゆるめる方法も良いでしょう。

特にストレッチポールは、背中をゆるめる効果が大変高いのでお勧めです。


ちなみに自律神経をゆるめる最高の方法は、ストレッチポールで背中をゆるめてから音源を聴くことです。

耳鳴りは早く楽になりますよ。

マッサージ、鍼、整体、カイロなどで背中や顎をゆるめる

腕の良い治療家をご存知でしたら、その方に施術してもらうのも良いでしょう。

耳鳴りを専門とする治療家を見つけるのはなかなか難しいですが、自律神経をゆるめることができる治療家でしたら、すぐ見つけることができると思います。

自律訓練法を自分で行う

自律訓練法は、本来自分で行うトレーニング法です。

その方法はネットや本などに載っていますので、興味がありましたら自分で試すのも良いと思います。


辛いさなかにある人が、自分で行うのは難しいかもしれませんが、やり遂げたならば自律訓練法が大きな自信となり、かけがえのない財産になってくれると思います。


また、自律訓練法で治療を行っている医師もおりますので、探して受診するのも良いと思います。

耳介下リンパ節のゴミを出す

自律神経をゆるめて不安が和らいだら、次は耳鳴りの音自体を小さくしていきましょう。

耳鳴りの音を小さくしていくには、耳介下リンパ節に溜まっているゴミの塊を出していかなければなりません。


ゴミの塊は、耳たぶの下で、顎の骨の後ろあたりにあります。

大きさは、あずき大~くるみ大ぐらいです。

耳鳴りの人には、必ずあります。


この塊を出してしまえば良いのですが、ものすごく硬いので簡単には崩れません。

では、どうしたら崩れる?

それは、体質を変えることです。

体質を変えるとは、内臓を変えるということです。


全身の内臓を元気にしていくと、体がゴミを出せるようになります。

するとそれにともなって、耳介下リンパ節のゴミも出ていくのです。

まるで寓話の北風と太陽

北風のように、強引に耳だけを治療する人がいますが、それでは軽症の人以外はあまり良くなりません。

それよりも、太陽が旅人自身に上着を脱がさせたように、体にゴミを出させるように仕向けた方が良くなります。


つまり内臓を元気にして、ゴミを出せる体質に変えるということです。

ゴミを出せる体質になれば、耳鳴りの音は少しずつ小さくなっていきます。


順調にセルフケアが進めば、3~4ヶ月の周期で体質は変わっていきます。

もちろん、耳鳴りの音もそれにともなって少しずつ良くなっていきますよ。

内臓を変えるとは?

一般的に、病気の原因を追求していくと、内臓にたどり着きます。

耳鳴りの場合は腎臓です。


耳は腎臓と関係が深いので、耳鳴りを治すためには腎臓を元気にしてあげる必要があります(これらは東洋医学の考え方に基づいています)。

そして腎臓を元気にするためには、肺も元気にしなければなりません。

肺には、リンパ節のゴミを押し流すポンプの働きがあるからです。


そして内臓はそれぞれが深く繋がっていますので、どこか弱っている臓器があったならば、それらも元気にしてあげる必要があります。

つまり内臓全部が元気でなければ、ゴミを出せる体にはならないのです。

どうやって内臓を元気にするの?

内臓を根本から元気にするためには、リセットするのが一番です。

今まで溜め込んできた悪いものを出して、新しい内臓に生まれ変わるのです。


そのために必要なのが、排毒法です。


私たちは数多くある排毒法の中でも、足を施術する若石リフレクソロジーを治療の中核としています。

世界中には様々なリフレクソロジーがありますが、この若石リフレクソロジーが排毒にかけてはナンバーワンです。


そして私たちは、この若石リフレクソロジーに様々なアレンジを加えることによって、耳鳴りを治すことができる治療法を編み出しました。


それが完全排毒法という耳鳴り専門の治療法です。

耳鳴りの本当の治し方のまとめ

「耳鳴りは原因不明だ」

「耳鳴りの治療法はない」

などと言う人は多いですが、実際に数多くの耳鳴りを治療してきた私たちからしましたら、耳鳴りの治し方はいたってシンプルです。

とにかく自律神経と排毒!!


この2つを外さなければ、耳鳴りは以下のように治っていきます。

自律神経をゆるめる

眠れるようになり、不安感がへる

完全排毒法で耳介下リンパ節のゴミを出す

耳鳴りの音が少しずつ良くなっていく

出典:まごころ治療院